インプラント治療を受ける前に│費用が戻ってくるかも

痛みを軽減する治療

白い歯

浜松にある歯医者では患者さんが治療中に感じる痛みを抑えるために、様々な医療器具を導入しています。浜松にある歯医者では電動麻酔器という注射器を使用して、患者さんに麻酔を注入するのです。麻酔を注射する時に針が刺さる痛みだけでなく、麻酔薬が体内に注入される時にも痛みを感じてしまいます。麻酔薬が注入される時の速度が変化してしまうと痛くなるのですが、人の手で注射するため速度を一定にすることは難しいでしょう。ですが、電動麻酔器ならば麻酔薬が注入する時のスピードは変化しませんし、一定の速度で注入することができます。それだけではなく、電動麻酔器では非常に細い針を使用しているためより痛みを感じないようにしているのです。浜松にある歯医者では他にも歯科用の顕微鏡を使用して治療を行なっている所があります。この顕微鏡を使用することで、治療する箇所の細かい所まで見ることができるでしょう。それによって、虫歯菌に侵されている歯を必要最小限の量だけ削ることができますので、余分に削ってしまうことを防ぐことができます。削る量を抑えることができるということは、麻酔を使用することなく治療を行なうことができるということです。浜松の歯医者はこのような医療器具を導入しているだけでなく、口の中で痛みを感じにくい箇所に注射するなどの取り組みを行なっています。他にも注射する箇所にジェル状の麻酔薬を塗布して、針が刺さる時の痛みを感じにくくさせる方法も取り入れているでしょう。